HANDY TERMINAL

Max Jr

ALFARK-6000X

エントリーマシンに最適なシンプルハンディターミナル

乾電池駆動・ローコスト・小型機種
Bluetoothスキャナとしても使用可能

本体写真

製品名 Max Jr ALFARK-6000X 本体価格(税抜) オープン価格
WEBからお問い合わせ メールフォーム お電話でのお問い合わせ 050-3733-0692
(9:00~17:00 土日祝日及び休業日は除く)

製品の特長

Product Features

  1. 無駄を省いた、小さくシンプルなデザイン

    Max Jr(マックス ジュニア)は小型のボディに最小限のボタンと液晶を有し、初導入でも扱いやすいシンプルなハンディターミナルを目指しました。
    複雑なボタン操作がなく、かつローコストであるためエントリーマシンとして最適です。

  2. Bluetooth搭載

    通信インターフェースとしてBluetoothを搭載しています。
    SPPプロファイルを利用したデータの高速転送のほか、HIDプロファイルを利用してリアルタイムにデータを入力することも可能です。
    特にタブレットPOS等との併用時に、ハンディターミナルとして情報を処理しながら、ワイヤレススキャナとして読取コードのデータを送信するなど、利用の幅が広いのが特徴です。

  3. ソフトウェアキーボードの表示切り替えが可能

    iOSとの接続においては、ソフトウェアキーボードの表示/非表示をMax Jrのボタンで操作することが可能です。
    POSシステムとの併用時に画面領域を最大限活用でき、ボタンひとつで切り替えが出来るためキーボードでの入力とコードスキャンでの入力をスムーズに横断できます。

  4. 乾電池駆動

    単4電池2本で動作します。
    充電の必要が無いため、使いたい時にすぐ使うことができ、移動店舗等での使用にも適しています。

仕様

Specifications

CPU 32bit CPU
メモリ ROM 4MB
RAM 16MB
表示 サイズ 2.0インチ
表示方式 FSTNモノクロ液晶
解像度 128×160ドット
文字数 全角 8桁×10桁、半角 16桁×10桁(16ドットフォント)
スキャナ 読取り方式 リニアCCDイメージャ(一次元CCDスキャナ)
分解能 4mil(0.10mm)
対応コード UPC-A、UPC-A Add-on、UPC-E、UPC-E Add-on、JAN/EAN-13、JAN/EAN-13 Add-on、JAN/EAN-8、JAN/EAN-8 Add-on、Code128、Code39、NW-7(Codabar)、Interleaved 2 of 5(ITF)、GS1 DataBar Omnidirectional、GS1 DataBar Truncated、GS1 DataBar Stacked、GS1 DataBar Stacked Omnidiretional、GS1 DataBar Limited、GS1 DataBar Expanded、GS1 DataBar Expanded Stacked
入力 キーボード 電源ボタン、スキャンキー(ENTキー兼用)、テンキー、Aキー、Bキー、C(クリア)キー
Bluetooth 規格 Ver2.1+EDR
通信距離 10m(Class2)
プロファイル SPP / HID
インジケータ LED アプリケーション
バイブレータ 有り
時計(RTC) 月差±60秒(常温)
電源 主電源 単4形 アルカリ乾電池×2本
バックアップ電源 コイン型リチウム電池
動作時間 50時間(アルカリ乾電池)
環境性能 動作環境 温度 -10~50℃
湿度 20~85%(結露がなきこと)
保存環境 温度 -25~60℃
湿度 5~95%(結露がなきこと)
落下強度 1.5m コンクリート落下 ※1
1.0m タンブルドロップ ※2
保護等級 IP53(防塵・防雨)
認証 TELEC/VCCI Class B
外形寸法 134mm(L) × 50mm(W) × 22mm(H)
重量 約110g
●本仕様は2016年2月現在のものです。製品改良のため、仕様およびデザイン等を予告なく変更することがあります。
●Bluetoothは、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
※1 6面各3回コンクリート面に落下。当社規定による試験値であり、保証値ではありません
※2 直径1.0mのドラム内で200回の回転落下