よくある質問-Faq-

  • Q3Gでデータ通信したい

    A弊社M2M商品のBishopと一緒に使うことで3Gデータ通信がご利用になれます。

  • QiPadと接続したい

    AKnightはBluetooth HIDプロファイルには非対応のため、iPadへの接続ができません。

  • Qどんなバーコードが読めるのか

    A一般に広く使われている1次元コードは概ね読み取り可能です。最小4milのバーコードを読み取ることができ、読み取り可能なバーコードの種類は以下のとおりです。

    • UPC
    • EAN
    • Code128
    • Code39
    • Code93
    • Code11
    • Interleaved 2 of 5
    • Codebar
    • MSI
    • GS1 DataBar Ominidirectional
    • GS1 DataBar Limited
    • GS1 DataBar Expanded
    • Discrete 2 of 5
    • Chinese 2 of 5
    • Matrix 2 of 5
  • Q乾電池で動作するか

    AKnightは、乾電池ではご利用いただけません。

  • Q1回の充電でどれくらい使用できるか

    A10秒間に2回スキャンの連続使用で、約10時間お使いいただけます。詳しくは、スペック表をご覧ください。

  • Qバッテリ残量がなくなるとデータは消えてしまうのか

    A完全にバッテリ残量がなくなった場合でも、登録済みデータやアプリケーションは消えることはございません。
    なお、バッテリ残量の状態が残りわずかとなりますと、「バッテリー電圧がありません。」と表示されますので、早目の充電をお願いいたします。

  • Q充電にどれくらい時間がかかるか

    Aバッテリ残量が空の状態から満充電まで、標準バッテリの場合約2.5時間かかります。オプションの大容量バッテリの場合には満充電まで約4時間必要です。

  • Qバッテリの寿命はどの程度か

    Aリチウムイオンバッテリは消耗品ですので、充放電回数300回を目安としてください。充電のタイミングによりこの回数は増減いたしますので、満充電をしても使用時間が短くなった場合などにはバッテリの交換をご検討ください。
    バッテリ交換につきましては本体のシリアルナンバーをお確かめの上弊社までご連絡ください。
    また、下記のような症状に気がついた場合はすぐに使用を中止してください。

    • 満充電をしても使用時間が短くなったとき
    • バッテリーが変形して膨らんだとき
    • 充電中、バッテリの発熱が高くなったとき
  • Qリセットの方法をを知りたい

    A端末をリセットするには、Cキーを押しながら電源スイッチを押してください。
    リセットを行った場合でも、登録済みデータやアプリケーションが消えてしまうことはございません。

  • Qデータのバックアップをとりたい

    A本体にインストールされているバックアップ管理ツール「Backup Manager」を利用して、登録データと設定情報のバックアップを取ることができます。

  • QALFARK-900、ALFARK-950のアプリケーションは流用できますか?

    A流用できますが、画面のサイズや搭載デバイスに相違があるため、アプリケーションの修正が必要となります。修正をご希望の際はご相談ください。

  • Q無線LANの仕様が知りたい

    A無線LAN規格はIEEE802.11b/gに、セキュリティ規格はWEP・WPA・WPA2の暗号化方式に対応しています。

  • Q海外での利用は可能か

    A利用可能です。ただし、海外でご利用の場合はその国の規格にあった認証を取得する必要があります。海外利用検討時に使用する国をご連絡ください。

  • Qモバイル回線やアナログモデムでデータを送受信したい

    Aモバイル通信やアナログモデム通信を行う場合にはBishopと組み合わせて利用する必要があります。
    Bishopと組み合わせて利用する場合、MaxとBishopの間の通信方法はBluetoothまたは無線LANを利用します。

  • QパソコンとUSBケーブルでつないだ場合、USBメモリのようにファイルを扱えますか?

    Aいいえ。USBメモリのようなファイル操作はできません。USBは仮想COMポートとして動作し、USBシリアル通信を行います。

  • Qどんなバーコードが読めるのか

    A一般に広く使われている1次元コードは概ね読み取り可能です。最小4milのバーコードを読み取ることができ、読み取り可能なバーコードの種類は以下のとおりです。

    • UPC
    • EAN
    • Code128
    • Code39
    • Code93
    • Code11
    • Interleaved 2 of 5
    • Codebar
    • MSI
    • GS1 DataBar Ominidirectional
    • GS1 DataBar Limited
    • GS1 DataBar Expanded
    • Discrete 2 of 5
    • Chinese 2 of 5
    • Matrix 2 of 5
  • Q乾電池で動作するか

    Aはい。オプションの乾電池パックを使用し、単4乾電池3本で動作が可能です。

  • Q1回の充電でどれくらい使用できるか

    A50秒間に2回スキャンの連続使用で、約50時間お使いいただけます。詳細は、スペック表を参照ください。

  • Qバッテリ残量がなくなるとデータは消えてしまうのか

    A完全にバッテリ残量がなくなった場合でも、登録済みデータやアプリケーションは消えることはございません。

  • Q充電にどれくらい時間がかかるか

    Aバッテリ残量が空の状態から満充電まで、約3時間かかります。

  • Qバッテリの寿命はどの程度か/p>

    Aリチウムイオンバッテリは消耗品ですので、充放電回数300回を目安としてください。充電のタイミングによりこの回数は増減いたしますので、満充電をしても使用時間が短くなった場合などにはバッテリの交換をご検討ください。
    バッテリ交換につきましては本体のシリアルナンバーをお確かめの上弊社までご連絡ください。
    また、下記のような症状に気がついた場合はすぐに使用を中止してください。

    • 満充電をしても使用時間が短くなったとき
    • バッテリーが変形して膨らんだとき
    • 充電中、バッテリの発熱が高くなったとき
  • Q無線LANの仕様が知りたい

    A無線LAN規格はIEEE802.11b/gに、セキュリティ規格はWEP・WPA・WPA2の暗号化方式に対応しています。

  • Q街中のWiFiスポットとの接続はできますか?

    A接続先SSIDと暗号化方式、パスワードが分かれば街中のWiFiスポットの利用可能です。詳しくはお問い合わせください。

  • Qスマホのテザリングでの利用は可能か

    Aテザリングの対応機種であれば利用可能です。詳しくはお問い合わせください。

  • Q海外での利用は可能か

    A利用可能です。ただし、海外でご利用の場合はその国の規格にあった認証を取得する必要があります。海外利用検討時に使用する国をご連絡ください。

Bluetooth接続に関するよくある質問
  • QBluetoothのPINコードを知りたい

    APINコードは「0000」です。

  • QBluetoothの再接続を行いたい

    Aファンクションキーを押下すると再接続を行います。

  • QSPP通信の動作確認をしたい

    AAndroid版のサンプルアプリケーションをご用意しております。詳しくはサポートセンターにお問い合わせください。

  • Q1台のAndoridタブレットにCyclopsを2台以上接続したい

    A接続できます。実際に接続できる数についてはAndroidタブレットの仕様の確認をお願いいたします。

  • Q2台以上接続した場合に、どのCyclopsで読み取ったデータかを区別したい

    A任意の1文字をデータの前後に付加する機能を利用し、Cyclops固有IDを付加して区別することが可能です。
    Cyclops設定ページで設定が可能です。
    「HID通信」-「ヘッダー」または「フッダー」で任意のコードを入力し「決定」を押してください。
    表示されたバーコードを上から順番にスキャンしてください。

読み取りとスキャンデータに関するよくある質問
  • QUSBケーブルで繋いだまま、スキャンしたい

    A可能ですが、標準機能ではご利用できません。詳しくはサポートセンターにお問い合わせください。

  • Qデータの読取日時を記録したい

    Aバッチモード(Bluetooth接続無し)の場合には自動的に日時が記録されます。リアルモード、ハイブリッドモード(Bluetooth接続あり)の場合には、データ受信時にホスト側のアプリケーションにて付加するようにしてください。

  • QUPCの先頭に0を付加したい

    ACyclops設定ページで設定が可能です。
    「バーコード読み取り設定」-「UPC-A」または「UPC-E」-「プリアンブル」の設定バーコード「システム&カントリーコード」をスキャンしてください。

  • Q付加文字をTabに変更したい

    ACyclops設定ページで設定が可能です。
    HID通信」-「レコード付加文字1」で「2B」を入力し「決定」を押してください。
    表示されたバーコードが上から順番にスキャンしてください。

  • Qバッチモード(Bluetooth接続無し)でスキャンしたデータを取り出したい

    APCとCyclops本体をUSBケーブルで繋ぐとUSBマスストレージとして認識されます。USBメモリのようにファイルマネージャ(エクスプローラ等)で開き、データを取り出すことが可能です。

バッテリに関するよくある質問
  • Q1回の充電でどれくらい使用できるか

    A10秒間に2回スキャンの連続使用で、約22時間お使いいただけます。詳細は、スペック表を参照ください。

  • Qバッテリ残量がなくなった場合にデータは消えてしまうのか

    A完全にバッテリ残量がなくなった場合でも、登録済みデータが消えることはございません。
    なお、バッテリ残量が少なくなると、バッテリーLED(左側のLED)が赤点滅しますので、早目の充電をお願いいたします。

  • Q充電にどれくらい時間かかるか

    Aバッテリ残量が空の状態から満充電まで、約2.5時間となります。

  • Qバッテリの寿命はどの程度か

    Aリチウムイオンバッテリは消耗品ですので、充放電回数300回を目安としてください。充電のタイミングによりこの回数は増減いたしますので、満充電をしても使用時間が短くなった場合などにはバッテリの交換をご検討ください。
    バッテリ交換につきましては本体のシリアルナンバーをお確かめの上弊社までご連絡ください。
    また、下記のような症状に気がついた場合はすぐに使用を中止してください。

    • 満充電をしても使用時間が短くなったとき
    • バッテリーが変形して膨らんだとき
    • 充電中、バッテリの発熱が高くなったとき
その他
  • QAirレジなどのアプリで使用できるか

    A弊社として各アプリ毎の動作確認は行っておりませんが、各アプリの提供元で動作を確認して頂いている場合がございます。
    恐れ入りますが、アプリと連携してご利用の場合には各アプリの提供元へご確認いただきますようお願いいたします。

  • Qリセットの方法を知りたい

    A端末をリセットするには、下部カバーを開けResetボタンを押した後に、スキャンキーを長押しで再起動させてください。
    リセットを行った場合でも、登録済みデータが消えてしまうことはございません。

  • QUSBケーブルのみ購入したい

    A購入可能です。購入後希望の場合にはお問い合わせください。

  • Q海外で使えますか?

    Aはい、ご利用になれます。ただし、海外でご利用の場合は、その国の規格にあった認証を取得いたしますので、使用する国をご相談ください。

  • Q機器の接続や外部への接続にはそれぞれどのようなインタフェースがあるか

    A機器への接続には有線LAN、USB、シリアル(RS-232C)、RS485、無線LAN、Bluetoothを搭載しています。外部への接続には3G、アナログモデムがございます。
    詳しくは製品の詳細ページをご確認ください。

  • Qどのような使い方があるか

    Aたとえばホームセキュリティとしての活用があげられます。
    家に設置されたドアセンサや人を感知するセンサが収集した人の侵入や異常発生の情報をセキュリティセンターで集中監視することが可能になります。

    たとえば空調管理。部屋の温度や湿度などの情報を監視・解析し、必要な場合にはエアコンに指令を送って温度を調整することで、室内環境を自動管理することが可能になります。
    たとえばデジタルサイネージ。大きな画面に動画や静止画で広告などを表示するデジタルサイネージの表示コンテンツの入れ替えは、人がその場に行ってCD ROMやSDカードを入れ替えることで行っていましたが、センターから配信する事で遠隔地にある機器の情報をリアルタイムに更新することが可能になります。

    このほか、Bishop商品ページでもご紹介しております。

  • QLTEには対応しているか

    ALTE対応版製品の発売は未定です。お客様のご要望によって発売を検討いたします。

  • QBishopを導入した場合の効果は?

    Aデータ通信費が安く抑えられます。アルフはMVNOなので割安な通信プランをご提供できます。

  • QMVNO(仮想移動体通信業者)とは?

    Aキャリアから回線を借りて独自の安い料金プランを提供していることを特長としている通信事業者のことです。

  • Qアナログモデムを使用するモデルの用途は?

    A外部との通信に今まで同様アナログ電話回線をご利用したいお客様用に、アナログモデムを搭載したモデルを用意しております。

  • Q音声通話はできるか

    AオプションでVoIPソフトウェアを用意しております。詳しくはお問い合わせください。

  • Qセキュリティの対策は?

    ASSL認証方式への対応や、VPNでの接続もご利用いただけます。

  • Q使用環境について知りたい

    A使用温度帯域は3GのA、Bタイプで-20~+70℃、湿度20~85%に対応しております。ACアダプタを使用する場合は温度が-10~+50℃になります。
    アナログモデムを使用するC、Dタイプの場合は温度が0~+40℃、湿度20~80%となります。

  • Q自社のサーバとの接続は可能か

    Aもちろんです。それ以外にもアルフの用意している「Bishopクラウドサービス」というサーバがありますのでそちらをご利用いただけます。

  • QBishopはSIMフリー端末か

    Aはい。3G通信モジュールはW-CDMA方式に対応しており、日本国内においてはNTTドコモの移動体通信網を利用できます。

  • Q海外での利用は可能か

    A利用可能です。ただし、海外でご利用の場合はその国の規格にあった認証を取得する必要があります。海外利用検討時に使用する国をご連絡ください。

  • Q独自アプリケーションを動作させることはできるか

    ALinuxと4GByteのメモリを搭載しておりますので、独自に開発したアプリケーションを実行させることが可能です。
    開発言語はC/C++、Perl、Python、PHP、Javaに対応しています。

  • QサンプルアプリケーションがPCで起動できない

    Aパソコンと同じEXEの形式ですが、WindowsCE用ですのでパソコンでは、起動・確認はできません。

  • Qテキストエディタはあるか

    A申し訳ございませんが、ALFARK-950にはテキストエディタは入っておりません。

  • QALFARK-900のアプリケーションは動くか

    Aそのままでは動きませんが、ソースコードの流用はできます。
    画面のサイズや搭載デバイスが変わっているため修正が必要となりますので、流用の場合にはご相談ください。

  • Qリセット方法はあるか

    A端末をリセットするには、裏ケースを開けて、リセットボタンを押してください。
    リセットを行った場合でも、登録済みデータやアプリケーションが消えてしまうことはありません。

  • Qソフトケースはあるか

    Aはいございます。オプションとして、専用ソフトケースを用意しております。

  • Q音量調整がしたい

    Aシステム設定からブザーの音量調整ができます。
    「0」と「CLR」 を押しながら を押して電源を入れます。SETUPメニューが表示されますので、「2.システム設定」-「3.ブザー/キータッチ」を選択し1.ブザー音量を「1」キーで選択し、「∧」,「∨」キーで上、中、下から選択し調整します。

  • Q乾電池とボタン電池を両方外すとどうなるか

    Aアプリケーションが消えてしまうことはございませんが、メモリの初期化が実行されるため登録済みデータは消えます。

  • Qソフトケースはあるか

    Aいいえ。申し訳ございませんが、専用のソフトケースはありません。

  • Q音量調節はできますか。

    Aいいえ。音量調節はできません。

  • Q画面のコントラストを調整したい

    A

    • 画面を暗くしたい場合
      「ー」キーを長押しし続けます。
    • 画面を明るくしたい場合
      「BS」キーを長押しし続けます

    使用しやすいコントラストに調整していただくことが可能です。

  • Qリチウムイオン低電圧と出る

    AARK-400本体裏のシールの下のネジ2つ外しを蓋を開けます。中にボタン電池(CR2032)がありますので新しい電池に交換してください。

  • Q乾電池とボタン電池を両方外すとどうるか

    Aアプリケーションが消えてしまうことはございませんが、メモリの初期化が実行されるため登録済みデータは消えます。

  • Qソフトケースはあるか

    Aいいえ。申し訳ございませんが、専用のソフトケースはありません。

  • Qソフトバンクのおとくラインに変更しても問題ないか

    A動作保障をしているのは、NTTのアナログ回線およびISDN回線となっております。
    申し訳ございませんが、「ソフトバンク おとくライン」や「au メタルプラス」は保障しておりません。

  • Q光回線(ひかり電話)に変更しても問題ないか

    A申し訳ございませんが、光回線の通信は、動作を保証しておりません。

  • Q3G回線に変更したい

    A弊社の提供するBishopをはじめとする様々なソリューションを用意しております。ぜひご相談ください。

  • QAlfcomPLUS・AlfcomSの対応OSを知りたい

    AAlfcomPLUSはWindows XP、Windows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10に、
    AlfcomSはWindows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10に、
    それぞれ対応しています。

  • QAlfcomPLUS・AlfcomSでBluetooth通信がうまくかない

    Aパソコン側のBluetooth設定をご確認ください。
    ① 一般設定で、「他のBluetoothデバイスにこのコンピュータの表示を許可する」に チェックが入っていることを確認。
    ② シリアルポート設定で、ポートが表示されていることを確認。何も表示されていなければ、ポートの追加を行う。

  • Qタンブリングテスト(回転落下試験)とは?

    A日本ではあまり行われておりませんが、実際の使用状況に近い落下が可能なため、グローバルスタンダードな落下試験です。